矯正価格表

費用のご相談はお気軽にどうぞ

歯科矯正はどのぐらいの費用がかかるの?というご質問をよくお受けします。
矯正治療費は通常は保険が適応されないため、自費の診療となっています。
症状・治療期間・使用する矯正装置などで費用は変わり、一概にこの金額とは言えません
(装置等につきましては下記に明確な料金表を設けていますので、参考にしてください)。
また、一度歯を見せていただいた後の早い段階で、お見積りをお知らせするようにしています。
その際、無理のない支払い計画もご提案できますのでお気軽にご相談ください。
また、医療費控除の制度もありますので、負担軽減のためにぜひご活用ください。
※表示はすべて税込み(8%)です。

ブラケット価格表・・・ブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく矯正法
メタル・・・648,000円プラスチック・・・702,000円セラミック・・・756,000円
WS000828
WS000829
WS000830
特徴特徴特徴
金属でできているブラケット。
表からは銀色。
プラスチックのブラケットセラミックのブラケット
半透明で歯の色に近い
メリットメリットメリット
壊れにくい
すべりが良い
目立ちにくい
すべりが良い
目立ちにくい
デメリットデメリットデメリット
色が目立つ変色する
磨耗しやすい
壊れやすい
欠けることがある

裏側矯正
リンガルブラケット…1296,000円リンガルアーチ…64,800円
(スプリングつき)
リンガルアーチ…32,400円
(スプリング無し)
クォードへリックス…64,800円
バイへリックス…64,800円
WS000833
WS000835
WS000836
特徴特徴特徴
歯の裏側にワイヤーを装着して治療する矯正方法内側に生えている歯を外に押し出すためなどに使用上顎及び下顎につけてそれぞれの歯列を拡げていく装置。歯をきれいに並べるためのスペースを作ります。
メリットメリットメリット
複雑な不正咬合でもきれいに直すことが可能
見えない
見えない
短期的に確実に拡げることができる
見えない
デメリットデメリットデメリット
舌感や発音が気になる
唇側の矯正よりは割高
取り外しの利かない取り外しの利かない
慣れるまでは発音しにくい

目立たない矯正
インビザラインは最先端の技術を使って患者さんの歯型をコンピュータ上で再現し、治療完了までの装置を一度に制作します。
クリアアライナーは来院時に、毎回、歯型を取り技工士が装置を作成していきます。
ASOアライナー
片顎1回につき30,000円(片顎)
インビザライン356,400円~864,000円
WS000834
WS000837
特徴特徴
透明のプラスチックの装置を複数使って少しずつ歯を動かしていきます。透明のプラスチックの装置を複数使って少しずつ歯を動かしていきます。
特徴特徴
・目立たない。
・舌感、発音にはほとんど問題ない。
・目立たない。
・舌感、発音にはほとんど問題ない。
・複雑な不正咬合も直すことができる。
 (必要に応じて補助的な装置を使用)
特徴特徴
・複雑な不正咬合は直すことができない。
・装着時間をきちんと守らないと、治療期間が長引く。
・来院の度に、装置を作らなければならない。
・装着時間をきちんと守らないと、治療期間が長引く。

保定装置
クリアボウリテーナー…32,400円ベッグタイプ…21,400円ワイヤー固定…21,600円暫間タイプ…5,400円
WS000838
WS000839
WS000840
WS000841
特徴特徴特徴特徴
前歯の見えてしまう気になる部分を特殊な透明プラスチックで作ったリテーナーです。表側はワイヤーが、裏側には透明なプラスチックの中にワイヤーが通っているタイプ。取り外しの装置が何らかの理由で使えない場合に有効です。表からは見えず、確実に固定ができます。ブラケットを外した後に、装着します。目立たないので、ベッグタイプと使い分けることができます。
メリットメリットメリットメリット
目立たない・緊密な咬合せを作れる
・長期に使える
固定式のため入れる努力が 必要ない。
ソフト
コストが安い
デメリットデメリットデメリットデメリット
ワイヤーが折れやすい色が目立つ清掃性が悪くなるため 念入りにブラッシングする必要がある。長期に使えない
緊密な噛み合わせを作れない

基本検査料
レントゲン、模型、写真等 ¥16,200
診断料 ¥37,800
調整料
ワイヤー、エラスティック交換 ¥3,240
観察のみ ¥1,620

このページの先頭へ